杉田劇場 施設紹介〈ホール〉

杉田劇場ロゴヘッダ

施設紹介ヘッダ

施設紹介施設紹介施設利用申込み施設利用申込みイベントスケジュールイベントスケジュール杉田劇場って?杉田劇場って?スタッフブログスタッフブログ交通・アクセス交通・アクセス

杉劇エントランスJR根岸線・シーサイドラインの「新杉田駅」駅前再開発ビル「らびすた新杉田」の一角に、「横浜市磯子区民文化センター 杉田劇場」が、平成17年2月に開館しました。杉田劇場は、ホール、ギャラリー、リハーサル室、練習室、会議室を備えた地域のための文化施設です。ホールはプロセニアムと音響反射板とを選ぶことで、クラシック音楽、演劇、舞踊、歌舞伎や日舞など様々なジャンルの上演が出来る本格的なホールです。ギャラリーなど他の部屋もお客様の多様なご要望にお答えできる設備が整っております。地域の文化的な拠点として、質の高い芸術作品の上演から身近な文化活動の発表まで、幅広くご利用いただけます。

ホール

ホール座席【座席数310席】
[リンク]座席表と座席からの舞台の見え方
なだらかな傾斜のついた座席数310席のホールは、舞台との一体感を生み出します。どの席からも、舞台との距離感を感じさせない快適な空問。日の光が舞い降りるエントランス、やわらかな木の温もりをもつホワイエ。あたたかくお客さまを包み込むような、明るい色彩のホールです。

ホール反射板仕様【音響反射板仕様】
上演する側の空間と鑑賞する側の空間に明確な区画がなく、舞台と客席が同じ空間を共有します。ホールをすっぽりと包み込む音響反射板が豊かな響きを創りだし、舞台と客席に贅沢な至福の時間が流れ出します。

ホールプロセニアムアーチ仕様【可動式プロセニアムアーチ(額縁)仕様】
作品を上演する舞台と、それを鑑賞する観客が「プロセニアム」という額縁によって区分けされるため、大規模な舞台転換やしかけを隠すことができます。照明での演出効果や舞台装置の使用や舞台転換の多い演劇やダンスに適した空間です。

ホール花道【花道】
杉田劇場のホールの特色に、歌舞伎や日本舞踊などで欠かせない舞台構造のひとつ「花道を設置することができる」ということがあります。仮設花道の設置ができますので、日本舞踊など“和物"のご利用にも対応可能です。舞台下手後方の「揚幕」には、磯子区のシンボルマークが描かれています。花道の横の客席からは、手を伸ばせば届きそうなところに役者が立ち、客席からも衣擦れの音や化粧の香りがすぐそばに感じられます。

ホール緞帳【緞帳のご紹介】
磯子区の木「梅」と磯子区の花「コスモス」、そして、磯子の「海」をモチーフに描かれています。テーマは「未来への波動」。新しい未来を夢みながら、海に映る磯子の花々に、海にその未来を託す〜といった想いがこめられています。また、ここに描かれている梅は地元ゆかりの「杉田梅」と呼ばれる梅です。

ホール親子席【親子席(4席)・車イス席(4席分)】
小さなお子さまをお連れの方のために、親子室をご用意しました。ガラスで仕切られていますので、周囲への気兼ねなく、お子様とご一緒にお楽しみいただけます。
また、車イスの方用のスペースを4席分ご用意してあります。

ホール後方客席に入り口の階段に手すりをつけました

ホール後方客席入り口【B】【C】からの導線の、利便性と安全性を向上させるため、上り階段に手すりと足元灯を設置いたしました。どうぞ、御活用ください。

*主催者の皆様へ
原則として、公演中は足元灯を消すことはできません。演出効果については、各所への届出等が必要な場合がございます。必ず、1ヶ月前に事前打合せをお願いいたします。